Posts Taged paintschainer

線画自動着色サービスPaintsChainerが 第21回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門で 優秀賞 を受賞

株式会社Preferred Networks (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長 最高経営責任者: 西川 徹、以下PFN)が開発・提供するPaintsChainer™(ペインツチェイナー)が、第21回文化庁メディア芸術祭(文部科学大臣賞)エンターテインメント部門の優秀賞を受賞しました。

文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において、高い芸術性と創造性をもつ優れた作品を顕彰するメディア芸術の総合フェスティバルです。1997年より開催され、今回が第21回となります。本年度は4,192作品、過去最多となる世界98の国と地域から応募があり、各部門から大賞1作品、優秀賞4作品、新人3作品が選出されました。

PaintsChainerは、2017年1月のサービス公開と同時にTwitter等で大きな反響のあった、無料のオンライン線画自動着色サービスです。白黒等で描かれた線画ファイルや写真画像をアップロードするだけで、深層学習の技術を使ってイラスト上の顔や服装、風景等を認識し、完全自動着色または色指定による自動着色をおこないます。現在、「たんぽぽ」「さつき」「かんな」の3つの着色モデルを公開しています。https://paintschainer.preferred.tech/index_ja.html

今回、PaintsChainerが優秀賞を受賞するにあたり、「自動着色を可能にする支援プラットフォームを、誰もが利用可能なウェブサービスとして提供した意義は大きい」とのご評価をいただきました。

国立新美術館での記者発表会にて受賞者記念撮影(中段左から4人目が米辻)

PaintsChainer開発者である、PFNのエンジニア米辻泰山のコメントです。

PaintsChainerは、ディープラーニングの勉強を兼ねて開発し始めた個人的プロジェクトでした。それが今回このような賞をいただけて大変光栄です。ディープラーニングを教えてくださった先輩方、サービス化と運営に協力、応援してくださったPreferred Networksの皆さん、そして楽しい、面白いと共感してくださったユーザーの方々に心より感謝いたします。
これからも、PaintsChainerを発展させつつ、さらに新しい領域にもチャレンジしていきます。

 

 

  •  第21回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
    メディア芸術の “時代(いま)”を感じる全受賞作品の展示とシンポジウムやトークイベント、ワークショップ等の関連イベントが開催される予定です。
    ○ 会場: 国立新美術館 (東京・六本木)
    ○ 会期: 2018年6月13日(水)~ 24日(日)

 

※PaintsChainer™は、株式会社Preferred Networksの登録商標です。その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

白泉社と博報堂DYデジタル、Preferred Networksの深層学習技術による 線画自動着色サービスPaintsChainerを活用したカラー版マンガ作品の配信を開始

株式会社白泉社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鳥嶋和彦、以下白泉社)および株式会社博報堂DYデジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻輝、以下博報堂DYデジタル)は、株式会社Preferred Networks(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西川徹、以下PFN)の協力のもと、深層学習技術を使った自動着色によるカラー版マンガ作品の配信および販売を開始いたしました。

今回、PFNが提供する線画自動着色サービス「PaintsChainer(ペインツチェイナー)」※1 をカスタマイズし、マンガ着色向け新モデルを開発しました。深層学習による自動着色ならではのグラデーションなど、独特の味わいがお楽しみいただけます。

 

  • PaintsChainerによる着色例

『結婚×レンアイ。』(著:萩尾彬)

 

  • 第1弾配信タイトル
『結婚×レンアイ。』 (著:萩尾彬)
『私達××しました』 (著:空あすか)

2018年1月24日より順次、白泉社e-netほか主要電子書店サイトにて配信開始。

 

白泉社は、月刊ウェブマガジンの先駆けである「Love Silky」※2 等のWEBコミックを多数刊行しており、博報堂DYデジタルが手掛けるCONPYRA※3 と連携し、これまでに多数のプロジェクトを実施してまいりました。本件はその連携の一環の施策となります。

今回、PFNはPaintsChainerのマンガ着色モデルの開発を担当し、博報堂DYデジタルは仕様策定および制作進行のディレクションを担当しました。今回の第1弾配信を皮切りに、今後、他作品の自動着色によるカラー版の制作・配信も行っていく予定です。

今後も、白泉社・博報堂DYデジタル・PFNは、マンガ表現のさらなる発展を目指し、深層学習による新たなマンガ制作技術の開発に積極的に取り組んでまいります。

 

※1  PaintsChainer(R)(ペインツチェイナー)について

PFNが開発・提供し、2017年1月のサービス公開と同時にTwitter等で大きな反響のあった、オンライン線画自動着色サービス。白黒等で描かれた線画ファイルや写真画像をアップロードするだけで、深層学習の技術を使って完全自動着色または色指定による自動着色をおこなう。着色モデルが異なる「たんぽぽ」「さつき」「かんな」を無料公開している。
【公式サイト】https://paintschainer.preferred.tech

※2  Love Silky(ラブシルキー)について

白泉社が配信する月刊ウェブマガジン。女性向けマンガ作品を多数掲載し、毎月第3水曜日に最新号を配信開始。2018年1月よりVol.61が配信中で、2013年1月の刊行開始から5周年を迎えた。また、姉妹誌として、同じく女性向けマンガ作品を掲載する「Love Jossie」(2015年7月刊行開始)、小説作品に特化した「ジョシィ文庫」(2017年11月刊行開始)がある。
【公式サイト】http://www.hakusensha.co.jp/silky_web

※3  CONPYRA(コンピラ)について

博報堂DYデジタルが手掛ける作家エージェント事業。誰でも自由に発信できるデジタル・プラットフォームが普及し、無数の創作コンテンツが日々生まれている中、独自のデータ分析によって特に優れた作品を発掘し、作家/クリエイターとのエージェント契約にもとづいて、作品のプロデュースを行う。エージェント業務のほか、各種パブリッシャー企業との連携により、小説・マンガを中心としたビジネス開発を多数推進中。
【公式サイト】https://conpyra.com

コミックマーケット93にPaintsChainerブースを出展

プロジェクションマッピングによるマンガへの自動着色を体験

株式会社Preferred Networks (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長 最高経営責任者: 西川 徹、以下PFN)は、2017年12月29日(金)~31日(日)の3日間、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催されるコミックマーケット93に、企業ブース「AIがマンガに色付け!PaintsChainer(ペインツチェイナー)」を出展します。

 

  • PaintsChainerブースについて

線画自動着色サービスPaintsChainerをご紹介します。今回、プロジェクションマッピングを用いた新しいユーザーインターフェースを発表し、持ち込み線画イラストやマンガなど、紙への自動着色を体験していただけます。

  • 会場:東京国際展示場  〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
  • 会期:2017年12月29日(金)~ 31日(日)10時~17時(最終日16時まで)
  • ブース位置:西 1ホール ブース1332(企業ブース)
  • PaintsChainerコミケ特設サイト http://paintschainer-pr.preferred.tech/comiket93

 

AIがマンガに色付け!PaintsChainerブース(イメージ)

 

 

プロジェクションマッピングを用いたPaintsChainerの新インターフェース(イメージ)

白黒の線画や、マンガなどの用紙を中央に置くと、上部に設置されたプロジェクターが着色イメージを投影します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • PaintsChainer(ペインツチェイナー)とは

PFNが開発・提供し、2017年1月のサービス公開と同時にTwitter等で大きな反響のあった、オンライン線画自動着色サービス。白黒等で描かれた線画ファイルや写真画像をアップロードするだけで、深層学習の技術を使ってイラスト上の顔や服装、風景等を認識し、完全自動着色または色指定による自動着色をおこないます。現在は着色モデルが異なる「たんぽぽ」「さつき」「かんな」を公開しています。(https://paintschainer.preferred.tech/index_ja.html

 

 

PaintsChainerの公式キャラクター
「絵愛ちえな(えーあい・ちえな)」

 

 

 

 

 

 

 

 

※PaintsChainer®は、株式会社Preferred Networksの登録商標です。その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

株式会社Preferred Networksについて

IoTにフォーカスした深層学習技術のビジネス活用を目的に、2014年3月に創業。デバイスが生み出す膨大なデータを、ネットワークのエッジで分散協調的に処理する「エッジヘビーコンピューティング」を提唱し、交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケアの3つの重点事業領域を中心に、様々な分野でイノベーションの実現を目指しています。

オープンソースの深層学習フレームワークChainer(チェイナー)の開発・提供をはじめ、トヨタ自動車株式会社、ファナック株式会社、国立がん研究センターなどの世界をリードする組織と協業し、先進的な取り組みを推進しています。(https://www.preferred-networks.jp/ja/

お絵描きコミュニケーションアプリ「pixiv Sketch」と線画自動着色サービス「PaintsChainer」が連携。イラストの自動着色機能を提供開始!

AIがイラスト制作の「着色」をサポート!イラスト上の顔や服装、風景等を認識し、自動的に着色する新機能を提供

ピクシブ株式会社(代表取締役社長:伊藤浩樹、本社:東京都渋谷区)とAIベンチャーの株式会社Preferred Networks(代表取締役社長:西川徹、本社:東京都千代田区、以下、PFN)は提携し、お絵描きコミュニケーションプラットフォーム「pixiv Sketch(ピクシブスケッチ)」に、新たにAI技術による線画自動着色サービス「PaintsChainer(ペインツチェイナー)」の機能を追加し、2017年5月24日(水)より提供開始します。

 

pixiv Sketchは、PCやスマートフォン等のデバイスを通じてお絵描きしたものをそのまま投稿できるコミュニケーションプラットフォームです。部屋の中でくつろいでいる時も、友達と外で遊んでいる時も、いつでもどこでも気軽にお絵描きをして、お絵描きを投稿することでコミュニケーションをリアルタイムに体験できます。
この度pixiv Sketchに追加する機能は、PFNが開発・提供する深層学習フレームワークChainerを使って線画および着色イラストを学習させたPaintsChainerの、塗る色を自動判断できる技術が使われています。

 

これはイラスト制作のうちの「着色」という重要な工程を手助けしてくれるもので、pixivSketch上で描いた絵や外部画像ファイルを選択して自動着色ボタンをクリックするだけで、AIがイラスト上の顔や服装、風景等を認識し、自動的に色が塗られます。また色の調整も可能で、カラーパレットから線画上の任意の箇所に、好きな色をヒントとして指定して自動着色することもできます。

 

ピクシブとPFNは、今後もAI技術や研究を通して、お絵描きをより身近で楽しいものに変えるべく、価値のあるサービス提供をしてまいります。

 

 

■下記①~④のお絵描き工程のうち、③着色工程に自動着色機能を使うことができます

■pixivSketchでの自動着色機能

  • 対応開始 :5月24日(水)
  • 費用:無料
  • URL:https://sketch.pixiv.net/ (※WEB版のみ対応)
  • 主な利用方法
    ① 線画を描く、もしくは画像を選択
    ②「自動着色」ボタンで自動着色する
    ③ 2種類から好みの着色パターンを選択
    ④ 必要に応じて、色のヒントをカラーパレットから入力し、着色を調整
    ⑤ 色指定の後、矢印ボタンをクリックし、完成!

 

 

■pixiv Sketchとは  https://sketch.pixiv.net/

「日々のお絵描きをもっと気軽で楽しいものにしたい」という想いで立ち上げた、お絵描きコミュニケーションプラットフォーム。PCやスマートフォン等のデバイスを通じて、いつでもどこでもお絵描きしたものを投稿できるサービスです。

■PaintsChainerとは  https://paintschainer.preferred.tech/

PFNが開発・提供し、2017年1月のサービス公開と同時にTwitter等で大きな反響のあった、オンライン線画自動着色サービス。白黒等で描かれた線画ファイルをアップロードするだけで、深層学習の技術を使って完全自動着色または色指定の自動着色をすることができます。

 

■株式会社Preferred Networks  https://www.preferred-networks.jp/ja/

IoTにフォーカスした深層学習技術のビジネス活用を目的に、2014年3月に創業。デバイスが生み出す膨大なデータを、ネットワークのエッジで分散協調的に処理する「エッジヘビーコンピューティング」を提唱し、交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケアの3つの重点事業領域において、イノベーションの実現を目指している。最先端の深層学習技術を提供するDeep Intelligence in-Motion(DIMo、ダイモ)プラットフォームをベースとしたソリューションの開発・提供をはじめ、トヨタ自動車株式会社、ファナック株式会社、国立がん研究センターなどの世界をリードする組織と協業し、先進的な取り組みを推進している。

所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2F

代表取締役社長:西川徹

設立日:2014年3月26日

 

■ピクシブ株式会社  http://www.pixiv.co.jp

所在地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル2F

代表取締役社長:伊藤浩樹

事業内容:インターネットサービス事業

設立日:2005年7月25日

 

*Chainer(R)、DIMo(TM)は、株式会社Preferred Networksの日本国およびその他の国における商標または登録商標です。

*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。