NEWS

AI(機械学習)技術でワイヤカット放電加工機の加工精度を向上

ファナック株式会社(以下 ファナック)は、同社のワイヤカット放電加工機 注1 であるロボカットα-CiBシリーズの加工精度を高める「AI熱変位補正機能」を、株式会社Preferred Networks (以下PFN)と共同開発しました。

本機能を搭載するロボカットは、ファナックとPFNの協業後、初めての「AI機能搭載商品」となります。
ファナックとPFNは、製造業向けのAI機能の開発で2015年から協業 *1、資本提携し *2、ファナックの商品の性能向上や稼働率向上に有効なAI機能の共同開発を進めてまいりました。今回開発したAI熱変位補正機能では、ワイヤカット放電加工機の温度変化による加工精度変動をAI(機械学習)技術を活用して予測・制御し、補正精度を従来機能比で約30%改善しました。本機能は、小型から大型のワークまで適用可能です。

ロボカット

 

このAI熱変位補正機能はロボカットのオプション機能として提供され、本年11月より受注開始の予定です。また、本機能を搭載したロボカットを、メカトロテックジャパン2017(10月18日~10月21日にポートメッセなごやにて開催)に出品致します。

更に、同様の機械学習を用いたロボドリル版「AI熱変位補正機能」についても開発を進めており、近々提供開始の予定です。

ファナックとPFNは、今後も共同でAIによる製造現場の改善・革新を目指して、一歩一歩着実に進んでまいります。

 

株式会社Preferred Networks 代表取締役社長 最高経営責任者 西川 徹
「ファナックとの提携後、機械学習技術を活用した初めての商品を発表できることをうれしく思います。今回、製造業で重要な課題の一つである、制御パラメータの最適化に対して、機械学習技術の活用が有効であることを示すことができました。PFNは今後も機械学習・深層学習の技術を応用して、工作機械やロボットの知能化に貢献してまいります。」

 

*1 株式会社 Preferred Networks の協業に関するお知らせ
http://www.fanuc.co.jp/ja/profile/pr/newsrelease/osirase20150610.html

*2 ファナック株式会社および株式会社 Preferred Networks の資本提携に関するお知らせ
http://www.fanuc.co.jp/ja/profile/pr/newsrelease/osirase20150821.html

注1 極細のワイヤ電極と被加工金属(導体)の間の放電現象を利用して金属の精密・微細形状加工をするための工作機械

Comments are closed.