NEWS

インテルとPreferred Networks、ディープラーニング向けオープンソースフレームワークChainerの開発で協業インテル アーキテクチャ上でChainerの実行パフォーマンスの大幅な向上を目指す

インテルコーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ)と株式会社Preferred Networks(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 最高経営責任者:西川徹、以下、PFN)は、本日、PFNが開発・提供するディープラーニング向けオープンソースフレームワークであるChainer(R)(チェイナー、http://chainer.org/)の開発で協業すると発表しました。今回の協業により、インテルの汎用インフラ上でChainerのパフォーマンスを大幅に向上することを目指します。

 

今後、IoT(モノのインターネット)や5G(第5世代移動通信システム)、AI(人工知能)などの先進的なテクノロジーがさまざまな産業分野で活用され、データを中心としたビジネス機会や利用体験を生み出していくことが予想されています。特にAIやディープラーニングに関するテクノロジーの進化により、データが持つ価値をさらに高めるアプリケーションの創出が加速します。

AIやディープラーニングに関するフレームワークなどのテクノロジー、そしてアプリケーションの開発/実装は、特定用途向けのコンピューティング環境のもとで進められています。そして、このことが、開発者コミュニティにおける、開発の複雑性、時間、コストなどの制約となっています。
この状況を踏まえ、AIの開発をより容易に進められるよう、各産業向けアプリケーション開発者にとって使いやすく、先進的なディープラーニング・フレームワークとして実績のあるChainerを開発・提供するPFNと、汎用コンピューティング テクノロジーや業界をリードするAI/ディープラーニング向けアクセラレーターを提供するインテルが共同で取り組みます。両社のテクノロジーを活用し、AIやディープラーニング向けの先進的なフレームワークを活用したアプリケーションの開発/実行の最適化を進め、画像認識や機械制御、異常検知などの性能向上を目指します。

PFNが開発・提供するChainerは、Pythonベースのディープラーニング向けフレームワークとして、“Define-by-Run”の手法を通じてユーザーが簡単かつ直感的に複雑なニューラルネットワークを設計するための高い柔軟性とパフォーマンスを兼ね備えています。2015年6月にオープンソース化されたChainerは、最も普及しているディープラーニング向けフレームワークの1つとして、学術機関だけでなく、ディープラーニングがもたらすメリットを現実世界のアプリケーションや研究に活用するための柔軟なフレームワークを求める産業界の多くのユーザーに支持されています。

インテルは、業界をリードするテクノロジー企業として、AIコンピューティング時代をさらに加速させるための独自の地位を築いています。そして、インテル(R) Xeon(R)プロセッサー、インテル(R) Xeon Phi™プロセッサー、インテル(R) Arria 10 FPGA、インテル(R) Nervana™ テクノロジーなど、業界で最も幅広いAI向けコンピューティング製品とChainerとの組み合わせにより、ディープラーニング向けに革新的な処理能力を実現できるよう支援します。また、このChainerフレームワークでは、高度に最適化されたオープンソースのライブラリであるインテル(R) Math Kernel Library(MKL)およびインテル(R) Math Kernel Library Deep Neural Network(MKL-DNN)を基盤となるビルディングブロックとして採用します。

 

インテルとPFNは、今回の協業を通じて以下の取り組みを推進します。

  • インテル アーキテクチャ上での、Chainerの実行パフォーマンスを継続的に最適化
  •  Chainerのアップデートへの継続的な対応
  •  汎用コンピューティング、アクセラレーター、ライブラリなどのインテル アーキテクチャのアップデートに対するChainer最適化の継続的な対応
  •  インテルのGithub(https://github.com/intel/chainer)において両社の協業成果を開発者コミュニティに公開
  •  AI/ディープラーニング市場の成長を加速するためのプロモーション活動での協

■インテルについて

インテルは、テクノロジーの可能性を広げ、この上ない感動体験を提供します。インテル、そしてインテル10万人以上の社員による創造の成果については、newsroom.intel.comまたはintel.comでご覧ください。

 

■株式会社Preferred Networksについて

IoTにフォーカスした深層学習技術のビジネス活用を目的に、2014年3月に創業。デバイスが生み出す膨大なデータを、ネットワークのエッジで分散協調的に処理する「エッジヘビーコンピューティング」を提唱し、交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケアの3つの重点事業領域において、イノベーションの実現を目指しています。最先端の深層学習技術を提供するDeep Intelligence in-Motion(DIMo、ダイモ)プラットフォームをベースとしたソリューションの開発・提供をはじめ、トヨタ自動車株式会社、ファナック株式会社、国立がん研究センターなどの世界をリードする組織と協業し、先進的な取り組みを推進しています。

 

*Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。

*Chainer、DIMoは、株式会社Preferred Networksの日本国およびその他の国における商標または登録商標です。

Comments are closed.