Posts on Nov 2018

三井物産とPreferred Networks、深層学習技術を用いたがん診断をはじめとする、バイオ・ヘルスケアソリューションを提供する合弁会社の設立に合意

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永竜夫、以下、三井物産)と株式会社Preferred Networks(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 最高経営責任者:西川 徹、以下、PFN)は、深層学習技術を用いたバイオ・ヘルスケアソリューションを米国において事業化することを目指し、合弁会社(以下、新会社)を設立することに2018年11月15日付で合意しました。なお、新会社の最高経営責任者には、Preferred Networks America, Incの最高執行責任者を務める大田信行が就任します。

近年、さまざまな分野において深層学習技術を活用したイノベーションが急速に進展しています。特に、バイオ・ヘルスケア分野への深層学習技術の活用は目覚ましく、創薬・診断・治療などにおいて技術革新が期待されています。

今後、深層学習技術を駆使したバイオ・ヘルスケアソリューションの世界的な市場拡大が見込まれる中、PFNが注力領域の一つとして取り組んできたがん診断技術に、三井物産がグループとして保有するネットワーク、病院グループ、ヘルスケア関連事業資産やパートナーを掛け合わせることで、社会実装を加速させます。

新会社設立後、深層学習技術を活用したバイオ・ヘルスケアソリューションの研究開発及びがんの先制医療の事業化に向け協創を進め、両社にて社会課題の解決を目指します。

 

三井物産株式会社
代表取締役副社長執行役員 田中 聡のコメント

「弊社新中期経営計画の中で成長分野と位置付けたヘルスケア領域において、深層学習技術におけるリーディングカンパニーたるPFN社と共に、革新的技術を用いた海外での事業開発・実用化を推進できることを大変うれしく感じています。」

株式会社Preferred Networks
代表取締役社長 最高経営責任者 西川 徹のコメント

「PFNは医療分野への深層学習技術の応用を目指し、2014年より研究開発を続けてまいりました。今回、この研究成果を活かした取り組みの一つとして、三井物産と米国においてがん診断を含む新たな取り組みをスタートできることを大変うれしく思います。」

株式会社Preferred Networks America, Inc.
最高執行責任者 大田 信行のコメント

「深層学習によるがん診断技術を早期に実用化し、がんの先制医療を確立させて、世界中のがんで苦しむ人々をできる限り少なくできるように努めてまいります。」

 

合弁会社の概要(予定)

会社名 Preferred Medicine, Inc.
所在地 330 Primrose Rd Burlingame, CA USA
設立年月 2018年11月
CEO 大田 信行(Nobuyuki Ota)
資本金 100万米ドル (出資比率 三井物産:50.0% PFN:50.0%)
事業概要 深層学習などの機械学習技術を活用したがん診断を中心とする、
バイオ・ヘルスケアソリューションの開発・運営