Posts on Mar 2018

最新のNVIDIA Tesla V100 32GB GPUを採用した プライベート・スーパーコンピュータ「MN-1b」を7月に稼働

NTT Comグループのマルチノード型GPUプラットフォームを拡張

株式会社Preferred Networks(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 最高経営責任者:西川 徹、以下 PFN)とNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也、以下 NTT Com)、株式会社NTTPCコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 基夫、以下 NTTPC)は、米国時間2018年3月27日に発表された最新のNVIDIA(R) Tesla(R) V100 32GBをPFNのプライベート・スーパーコンピュータ「MN-1(エム・エヌ・ワン)」の拡張に採用します。この最新GPUは、NTT ComおよびNTTPCが提供する次期高速演算処理(GPU)プラットフォーム上に搭載し、7月に稼働予定です。

 

1.背景

PFNは、深層学習の研究開発および関連技術の迅速な実用化、また、世界的な開発競争を勝ち抜くため、最新GPUによる高速かつ潤沢な計算環境を世界に先駆けて導入することが必要でした。

NTT ComおよびNTTPCは、GPU間ネットワークや排熱処理などの蓄積されたノウハウが評価され、PFNが求める最新GPUによるマルチノード型プラットフォームを構築し運用することとなりました。

 

2.PFNの次期プライベート・スーパーコンピュータ「MN-1b(エム・エヌ・ワン・ビー)」の概要

現在PFNが保有しているプライベート・スーパーコンピュータ「MN-1」を拡張し、新たに7月より、最新のNVIDIA Tesla V100 32GBを512基稼働させる予定です。拡張部分の理論上のピーク性能は、深層学習で利用される混合精度浮動小数点演算※1において約56ペタフロップス※2であり、拡張部分のみで従来の約3倍のピーク性能となります。

 

3.今後の展開について

PFNは構築予定の次期プライベート・スーパーコンピュータ「MN-1b」を活用し、オープンソースの深層学習フレームワークChainer(チェイナー)の高速化を進める予定です。さらに、大量の計算資源を必要とする交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケア、クリエイティブ分野での研究開発をより一層加速させます。

NTT Comグループは、急速に拡大する高速演算用途に応えるため、高圧電力の安定供給・効率的な排熱処理などのインフラ運用ノウハウを活かし、最新のGPUプラットフォームを世界に先駆けて提供します。今後もAI関連技術やそれを支えるインフラの提供を通して、PFNのAIビジネスを支援していきます。

 

エヌビディア合同会社 日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝のコメント

Preferred Networksが、ディープラーニングなどの研究開発用プライベート・スーパーコンピュータの次期計算環境「MN-1b」において、2倍のメモリを搭載した最先端のデータセンター向けGPUであるNVIDIA Tesla V100 32GB のご採用をいただき誠に光栄でございます。NTT Comグループの豊富な構築・運用実績と信頼性の高いデータセンターサービス、NVIDIAの最新GPUによる高速かつ潤沢な計算基盤をもとに、交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケアの領域において、世界をリードする研究開発の成果を心より期待しております。

スーパーマイクロ株式会社取締役(兼VP. Strategic Sales, 米国Super Micro Computer, Inc.)Emmy Changのコメント

Preferred Networksは、最新バージョンのインテル(R) Xeon(R) スケーラブル・プロセッサーと、8基の最新NVIDIA Tesla V100 32GB GPUアクセラレータを搭載した、弊社のSuperServer(R) 4029GP-TRT2を導入する世界で初めての事例となります。Supermicroは、常に最新の革新的なハードウェアとソリューションによって、Preferred NetworksとNTT Comグループを引き続きサポートいたします。弊社は、Preferred Networksが、この最新プライベート・スーパーコンピュータを使用して、新たな目標を達成すると確信しています。

※1: 複数の精度の浮動小数点演算を組み合わせて利用する方式

※2: コンピュータの処理能力を表す単位の一つ。peta (ペタ) は1,000兆(10の15乗)、FLOPS (フロップス) は1秒間に行える浮動小数点演算の回数を表すので、1ペタフロップスは毎秒1,000兆回の浮動小数点演算を行えることを意味する。

 

※Chainerは、株式会社Preferred Networksの日本国およびその他の国における商標または登録商標です。その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Preferred Networksのプライベート・スーパーコンピュータが Top 500リストのIndustry領域で国内1位に認定

Preferred Networks、民間企業の計算環境として 国内最大級のプライベート・スーパーコンピュータを9月から稼働

PFN2018 夏季インターン募集要項

For international students in Japan:
If you have visa eligibility to work as an intern this summer in Japan, you can apply from here by using English. If you need a help in English, please contact the following address; intern2018@preferred.jp

 

昨年に引き続き、Preferred Networks (PFN)は夏季インターンを実施します。

今年度も学生のみなさまの応募をお待ちしております。昨年までにご応募頂いた方の再エントリーも可能です。 機械学習のみならず、コンピュータサイエンスの幅広い分野でより多くのみなさまからのご応募を歓迎いたします。

私たちと一緒に新しい技術、ソフトウェア、サービスを創り上げていきましょう。

 

 

募集要項

 

● PFNインターンの特徴

  • 深層学習、コンピュータビジョン、自然言語処理、ロボティクス、バイオヘルスケア、強化学習、分散処理など、様々な分野のスペシャリストがメンターとしてつき、2ヶ月の間長期にわたって一緒に議論・開発ができます。
  • インターン実施中に研究成果として面白い結果が出た場合、公開可能な範囲でインターン後にOSSや論文にすることも可能です。

 

● 期間

開始:各人のスケジュールを考慮して7月末~8月頭に設定
終了:2018年9月21日 (金)

※希望者は9月24日~28日もインターンシップと同条件にて勤務可能です。

9月下旬から授業開始の学校が多いため、今年は最終日を9月21日と設定しました。しかしながら、研究成果の取りまとめや社員との交流という観点から、希望者は同待遇にて9月末まで勤務が可能です。また、インターン期間中であっても、研究室の活動や学会参加、帰省等による不在は柔軟に対応いたします。

 

● 応募資格

個人で開発できる能力と高いモチベーションを持っている方を募集しています。また、下記テーマに沿った知識や開発経験を持っている方は考慮されますが、無くても構いません。資格の必要条件は以下の通りです。

  • 高校生・高専生・大学生・大学院生、他応相談
  • 日本語または英語でコミュニケーションがとれる方
  • コミュニケーションを主体的にとれる方
  • プログラミング経験がある方(言語問わず)
  • インターン期間中の平日、東京オフィスに来社できる方

 

本格的な開発を行ったことがない方も、ぜひ積極的にご応募ください。

 

【ご応募における注意事項】
  • 日本でのインターンシップ就労にビザサポートが必要な方のご応募は既に終了しており、今回は受け付けておりません
  • 大学の単位認定の為に事務作業が生じる場合は、事前のご相談が必要です。煩雑なものはお断りさせて頂くこともございます

 

● 勤務場所

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル PFNオフィス

 

● 待遇

  • 時給:高専生・大学生・大学院生2500円/高校生2000円
  • 勤務時間:原則実働8時間、週5日(土曜・日曜・祝日を除く)
  • 通勤交通費:会社が認める経路にて支給します。
  • 移動費用:インターン参加に際し、在学場所から飛行機・新幹線での移動を要する場合、往復移動費用1回分をサポートします。
  • 宿泊費補助:遠方から参加する場合、5000円/日の宿泊補助費を支給。期間中の休日も含まれます。対象となる方は、日々の通勤時間が60分程度以上の方を想定しています。宿泊先はご自分で手配していただきます(通勤圏内に10万円台前半のウィークリーマンション等はございます)。補助金額は課税対象となりますのでご留意ください。

 

● 応募方法

応募フォーム

※こちらの応募フォームからお申込みください。応募フォームへのアクセスにはGoogleアカウントによるログインが必要です。

締切:2018年4月30日(月)23:59(日本時間)

お問合せ先:intern2018@preferred.jp

 

※「ご自身のPR資料」について

能力を証明、アピールするものをA4一枚程度でまとめてください。形式は自由ですが、ファイルフォーマットはPDFのみとします。(特にアピールしたいソフトウェア、サービス・受賞歴、論文リスト、ポートフォリオ、プログラミングコンテストの参加歴、ブログやサイト、twitterアカウント等を想定しています)

 

● 実施テーマ

以下の研究開発分野から相談の上、実施するテーマを決定いたします。応募フォームに必ず第2希望までご記入ください。第3希望は、希望するものがある方のみで結構です。

 

1. 機械学習/深層学習の理論研究

2. コンピュータビジョン

3. 深層強化学習

4. ロボティクス

5. バイオヘルスケア

6. 分散深層学習/深層学習のためのHPC・分散データ管理

7. 自然言語処理

8. 音声処理

9. VR/AR

10. ヒューマンコンピュータインタラクション・ヒューマンマシンインタラクション

11. 深層学習のアニメーション応用・クリエーター支援

12. Chainer本体の開発

13. Chainerベースの分野特化ライブラリ開発

14. 異常検知等の機械学習アルゴリズムの研究開発

15. 機械学習のための情報可視化ツール・フロントエンド開発

16. 機械学習のための研究支援・クラスタ管理・実験管理システム開発

17. 深層学習のための専用アクセラレータ/プロセッサ開発

18. 深層学習のためのコンパイラ/オプティマイザ開発

19. IoT/Edge Heavy Computingプラットフォームの開発

20. その他

21.(追加)深層学習のチューニング自動化のための研究開発

22.(追加)動画解析(スポーツ映像など)

 

● 応募後の選考フロー

▼一次選考

4/30の応募締切後、原則として全員に選考課題として、①オンラインセルフ面接(録画) ②コーディングテストを弊社から送付いたします。(締切は5月14日を予定)

▼二次選考

面接を実施します。遠方の方はskype等ビデオチャットで対応可能です。(実施期間は6月5日より2週間程度を予定)

▼合格通知(6月下旬)

線画自動着色サービスPaintsChainerが 第21回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門で 優秀賞 を受賞

株式会社Preferred Networks (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長 最高経営責任者: 西川 徹、以下PFN)が開発・提供するPaintsChainer™(ペインツチェイナー)が、第21回文化庁メディア芸術祭(文部科学大臣賞)エンターテインメント部門の優秀賞を受賞しました。

文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において、高い芸術性と創造性をもつ優れた作品を顕彰するメディア芸術の総合フェスティバルです。1997年より開催され、今回が第21回となります。本年度は4,192作品、過去最多となる世界98の国と地域から応募があり、各部門から大賞1作品、優秀賞4作品、新人3作品が選出されました。

PaintsChainerは、2017年1月のサービス公開と同時にTwitter等で大きな反響のあった、無料のオンライン線画自動着色サービスです。白黒等で描かれた線画ファイルや写真画像をアップロードするだけで、深層学習の技術を使ってイラスト上の顔や服装、風景等を認識し、完全自動着色または色指定による自動着色をおこないます。現在、「たんぽぽ」「さつき」「かんな」の3つの着色モデルを公開しています。https://paintschainer.preferred.tech/index_ja.html

今回、PaintsChainerが優秀賞を受賞するにあたり、「自動着色を可能にする支援プラットフォームを、誰もが利用可能なウェブサービスとして提供した意義は大きい」とのご評価をいただきました。

国立新美術館での記者発表会にて受賞者記念撮影(中段左から4人目が米辻)

PaintsChainer開発者である、PFNのエンジニア米辻泰山のコメントです。

PaintsChainerは、ディープラーニングの勉強を兼ねて開発し始めた個人的プロジェクトでした。それが今回このような賞をいただけて大変光栄です。ディープラーニングを教えてくださった先輩方、サービス化と運営に協力、応援してくださったPreferred Networksの皆さん、そして楽しい、面白いと共感してくださったユーザーの方々に心より感謝いたします。
これからも、PaintsChainerを発展させつつ、さらに新しい領域にもチャレンジしていきます。

 

 

  •  第21回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
    メディア芸術の “時代(いま)”を感じる全受賞作品の展示とシンポジウムやトークイベント、ワークショップ等の関連イベントが開催される予定です。
    ○ 会場: 国立新美術館 (東京・六本木)
    ○ 会期: 2018年6月13日(水)~ 24日(日)

 

※PaintsChainer™は、株式会社Preferred Networksの登録商標です。その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。